2010年3月

2010年

3月

31日

ISQEDに参加しました

サンノゼで開催されたISQEDに参加しました.CREST DVLSIプロジェクトで一緒に仕事をしている九大の国武さんが日頃の研究成果を発表しました.内容を理解して下さっていることがわかる質問もあり,立派な発表でした.また会場では,参加者との意見交換なども出来て,有意義な参加でした.

2010年

3月

25日

インテルのresilient回路

Technology Reviewにインテルのresilient回路が紹介されています.消費電力を削減するために,動作が不安定になる領域まで電源電圧を下げる方式をサポートします.誤動作してしまったら電力を削減出来ても意味は無いので,resilient回路でエラーを検出し,電源を昇圧して再実行します.エラーは稀にしか生じないので,性能低下を引き起こすこと無く消費電力を削減することが出来ます.インテルは試作して37%の電力削減を確認しているそうです.ビデオがここにあります.

2001年に,わたし達は同様の考えを建設的タイミング違反方式と名付けて提案しています.しかし,知名度は低いです.成功できなかった原因として反省している点は,オーバヘッドの小さなエラー検出回路を提案できなかったことと,適応的な電圧降下方式を評価しなかったことです.その結果,両者をやっていたRazorに追い越されてしまいました.前者は発表するたびにコメントされていましたし,後者は最初の発表時にアドバイスされていました.怠けていただろうという誹りを免れませんね.

Razorと同じアイディアを何年も前に提案しているということを認めてくださる方もいらっしゃいました(その中にはインテルの研究者もいました)が,カナリアで追いかけることになって現在に至ってます.最初の思いつきが良いだけでは不十分で,最後の詰めまできちんとやらなければならない,ということを勉強できたケースです.まあ,今でも未練たらしくカナリアの検討を続けています.

2010年

3月

24日

飲み会事情

佐藤研では飲み会をやったことが無いと学生さんたちの間に伝わっているようですね.確かにやってないです.でもね,飲み会って教員がセッティングするのもなのかなぁ? やりたい人が企画するものだよねぇ.声をかけてもらえば,都合さえ悪くなければ一緒しますよ.多分.

飲み会と言えばそろそろ花見の時期です.昔はキャンパス内で宴会している風景も見られましたけど,いまどきそんなのは流行らないのでしょうね.わたしは社会人になった後でも,東工大や千葉大で花見に参加してました.懐かしいですねぇ.

2010年

3月

23日

暮らし事情

 

研究室で一日の大半を過ごして欲しいと思っています.そうなると研究室の居住環境が気になりますね.掃除は業者さんが定期的にやってくれています.ゴミも回収してくれています.雑誌については,佐藤が購読している学術雑誌は書架に並べています.マンガ週刊誌等は学生さん達の間で相談して,定期購読するなり,当番制で買いに行ったりして下さい.新聞も同様.コーヒーについても学生さん達で調達して下さい.冷蔵庫は動いていますが,誰も使っていないようです.ベッドや寝袋はありませんが,ソファーがあります.卒論〆切前には,そこで寝ている人もいましたね.

2010年

3月

22日

Linux環境

佐藤研で仕事をしようと思うと,シミュレーションでも設計でもLinuxのお世話にならないわけにはいきません.そういうわけでLinux環境を整えています.静音マシンも揃ってきましたし個人机に配っても構わないのですが,現状では共用マシン扱いにしています.左はラックに並んでいる様子です.左上の3台は富士通のTX100-S1です.これはむっちゃ静かです.うち1台は教員用のファイルサーバとライセンスサーバとして働いてます.インテルコンパイラがこれに載ってます.左上の2台はHPのML115 G5で,学生用のファイルサーバです.その下の3台はHPのML110 G5で,それぞれLDAP,DNS,SAMBAのサーバです.下にある背の高い4台はHPのxw4600です.これらと先のTX100-S1の残り2台が,共用の計算サーバとして運用されています.一番下はUPSです.

もうひとつ別のラックです.奥に上のラックの背中も見えますね.こちらに並んでいるものは全て計算サーバとして運用されています.下の段は左から,HPのxw6400とxw6600,DellのPrecision 470,そしてベストシステムズさんのBTOマシンです.以前はDellにLDAPを任せていましたが,例の停電後から動作が不安定になり,交代しました.BTOマシンはGeForce GTX275を搭載するGPGPUマシンで,CUDA環境に加えてPGIコンパイラも載っています.中の段は左2台が自作マシンで,右2台がNECのS70FLです.自作マシンは,CPUにそれぞれCore i7-870と-860を搭載しています.上の段はKVMスイッチと液晶モニタです.

ベストシステムズのGPGPUマシンはもう一台あり,こちらにはTesla C1060が2枚刺さっています.もちろんPGIコンパイラも載ってます.ケースがむっちゃ大きくて上のラックに載せられないので,共用机の上に置いています.ちょっとどころではなく邪魔.佐藤研ではRHELとCentOSが主流ですが,これは唯一SUSEで動いています.Windows Serverも載っています.

これがTesla C1060ですね.本当に2枚あるでしょ.その上にはQuadro FX1800が見えます.まだ十分使いこなせているとは言い難いです.性能の上限一杯まで使えるように早くなりたいですね.

最後に紹介するのはHPのz400です.2台あります.研究室では唯一の水冷マシンです.VDEC提供のLSI設計用CADを載せて,CAD専用マシンとして運用しています.なので,ラックではなく共用机の上に置いています.

コンピュータが好きな皆さんは,思う存分楽しめると思いますよ.

2010年

3月

21日

Windows環境

第2回は,研究生活で最も身近なWindows環境についてです.個人机の全てにデスクトップのWindows PCが用意されています.机によってデュアルコアだったりそうでなかったりするのですが,Celeronシングルコアでも困っている様子はありませんね.WindowsはXPです.MS Officeは入っていますが2007です.Office 2010については,総合情報処理センターのPCにはデスクトップ版も用意されるらしいですが,全学的にはウェブ版を勧めるらしいです.これまでキャンパ スライセンスが無かったので高価なパッケージ版を購入しないといけませんでしたから,これでずいぶん助かります.まさか無料ウェブ版を使いなさいという指導では無いですよねぇ...

2010年

3月

20日

佐藤って誰?

卒研の研究室をプレ卒研から変える人はほとんどいないと思いますが,万が一ということもありますので,新年度に向けて改めて佐藤研の紹介をしましょう.新3年生への宣伝にもなりますしね.

初回は佐藤のこと.学生さん達の間では,某先生は「ああ見えて実は凄い人らしい」なんて噂されている一方で,佐藤は馬の骨だと思われているそうですね.自分では鶏肋くらいの価値はあると思っていますけど.もっと自己アピールするよう勧めてくれる学生さんもいますが,「佐藤寿倫」でググってもらえばそれなりに引っ掛かります.

2010年

3月

19日

卒業式

卒業された皆さん,おめでとうござます.

2010年

3月

17日

DATE 2010

Tech-Onに特設サイトが出来ていました.刺激的なタイトルのレポートが並んでいます.一般発表なら論文を読むことが出来るのですが,基調講演や招待講演はそれが出来ないのでこのようなレポートが頼りです.助かります.今回のDATEに限れば,来月早々に参加された方にお会いする機会があるので,詳しい話を聞けると期待しています.楽しみです.

SoC(あるいは専用ハードウエア)は要らない,っていう話は昔からありますね.ずいぶん待ち続けてますが,まだそんな世の中にはなってないです.面積と電力で専用には勝てません.これらの勝ち負けが問題では無い状況にそろそろなっても良さそうに思えます.

2010年

3月

13日

就活のまえに

今朝の朝日新聞一面は「大卒内定率最悪80%」です.厚生労働省と文部科学省の発表で,2000年以降で最も低いそうです.厳しいですねぇ.

来春も厳しそうに報道されていますが,世の中のせいにしていても仕方が無いので,自分の価値を上げることを考えてはいかがでしょうか.たまたま目に止まったので読んだ「就活のまえに」はお勧めです.どんな人が求められるのかが率直に書かれています.わたしも同じことを伝えているつもりでしたが,言葉の厚みが大違いです.就活真っ最中の学生さんは時間が惜しいと思うかも知れませんが,平易な文章ですから2~3時間もあれば読めます.それ以上の価値があります.心を痛める真実も書かれてますので,覚悟して読んでください.

2010年

3月

12日

電話工事

例の壁の部屋で,電話の取り付け工事がありました.4月に着任する助教のためのものです.来年度はスタッフが増え,そして院生もひとりいて,卒研生やプレ卒生の指導体制が充実しますね.

授業アンケート結果が届きました.各科目の第一週目に説明します.

2010年

3月

10日

チューリング賞

2009年のACMチューリング賞Charles P. Thacker博士に贈られるそうです.受賞理由は"for his pioneering design and realization of the Alto, the first modern personal computer, and the prototype for networked personal computers"です.

Tech-Onに直島ワークショップの参加報告が掲載されています.東大・竹内先生の「エレクトロニクスの世界からは決して出てこない斬新なアイデアや視点を続々ともらうことができた。最も勇気付けられたのは,半導体分野でやるべき仕事がまだまだいくらでもあることが分かったこと」という発言が気になります.「直島宣言:科学・技術・ビジネスの協調により挑戦する今後15年のグランドチャレンジ」はさっぱりわからないのですが,今後日経エレクトロニクスでより詳しく説明されるとのことで,今から楽しみです.

卒論を終わりにしました.〆切はえ~と,いつだったかしらん? 人に見られても大丈夫な体裁にはなったと思います.概要を公開予定です.もう少々時間を下さい.

2010年

3月

01日

第180回ARC研究会を開催しました

百道にある福岡システムLSI総合開発センターで,情報処理学会計算機アーキテクチャ研究会が開催されました.佐藤は今回ローカルアレンジメント担当でした.会場予約等の事前準備や当日の会場設営等をやりました.佐藤研の吉木くんには受付をお願いしました.

研究会では9件の発表がありました.マルチコアプロセッサ関連の発表が多かったです.並列・分散システムに関する発表もありました.修士論文でまとめた研究の発表があった一方で,企業からは進行中の研究の発表もありました.佐藤研のメンバーにも早くARC研究会で発表できるようになって欲しいです.

佐藤は来年度からARC研究会の主査として働くことになっています.どうぞよろしくお願いします.

大学これ新た
大学広報
奨学・特待生制度(学園通信46号)
奨学・特待生.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 304.6 KB

イベントカレンダー

 

01月16日 ASP-DAC

01月22日 PRDC

01月23日 HiPEAC

02月04日 HPCA

03月27日 DATE

04月03日 ARCS

04月08日 ASPLOS

06月13日 ICS

09月09日 PACT