2011年6月

2011年

6月

24日

室温を上げて節電

マイクロソフトによると,サーバールームの室温を2度上げると20%の節電効果があるそうです.信頼性への影響はどうなのでしょうね? 故障が増えたり寿命が縮んだりすることは無いのかな?

2011年

6月

23日

2018年までにスパコン性能は500倍に

SGIがインテルのMICを使って達成すると報じられています

6月16日に話題にしたSuVoltaが,28nm世代HKMGでPowerShrinkの効果を確認したとTech-On!にで紹介されています.しかし,前のレポートと同様で,技術的なことはほとんど何も説明されていません.

2011年

6月

20日

Top 500

早くも公開されています.京が一位,TSUBAME 2.0が五位ですね.おめでとうございます.京はピークの8.773PFLOPSに対して8.162PFLOPSの実効性能で,効率は93%! 凄い! コア数は548,352ですか.わたしが生まれ育った岡山市の,当時の人口くらいです.想像できないですね.一位になることだけが目的なのでしたら,ここまで二位に大差をつける必要は無いですし,頑張る必要も無かったですよね.あらためて開発に関わっておられる皆さんに敬意を表します.

授業で紹介する京の写真を探していたら,一般公開のレポートを見つけたのでリンク(6/22)

2011年

6月

17日

IBM創立100周年記念サイト

日本語版はここ.でも,US英語版にあるオープニングが無いし,中身も少ない.例えば,動画は二つだけで一覧へのリンクも無い.他国他言語版も違っているのね.

2011年

6月

16日

ばらつき対策

二日続けてばらつきの話題を目にしたので,招待します.ひとつはTech-On!でVLSIシンポジウムのレポートとして紹介されている東芝の製造技術の件.閾値電圧のばらつきを46%削減出来たそうですが,残念ながらチップ内ばらつきではありません.すでに量産品に適用さえているそうです.

もうひとつはandoさんのマイコミでのレポートで,SuVoltaのPowerShrinkについてです.こちらではトランジスタ構造の工夫でばらつきを抑えています.加えてボディバイアスの効果も改善できるそうです.富士通セミコンダクターが90nmでSRAMを開発したそうです.

2011年

6月

13日

縦横無尽の文章レッスン

朝日新聞の書評欄で紹介されていたので読んだ.むっちゃ良い.こんな授業を受けてみたいなぁ出来るようになりたいなぁ.書くのは苦手だと自覚している人にもそうでない人にもお薦め.書棚に置いたので是非手にとってください.「最後の授業」にまとめがあります.218ページからの2ページは必読.

わたしはといえば,今では文章を書いても指摘を受けることはほとんど無くなった.論文投稿もめっきり減ったので,査読してもらえることも無い.最近充実していないのはこのためだろうか?

2011年

6月

08日

ACM Student Research Competition

ACM Student Research CompetitionGrand Finalistsが公開されています.PACTでのSRCのCall for Participationはここにあります.アブストとポスターなので敷居は低いですし,アブストはプロシーディングスに載るようです.挑戦して欲しいですね.

Tech-On!にDAC特設ページが出来てました.3D NoCのレポートが可笑しいです.「そんなに大変な思いをしてまで,3次元NoCを使う必要があるのか?誰がどんなアプリケーションのために使うのか?」という質問があったそうです.

2011年

6月

06日

IMW 2011

リンク集が出来るとは思っていなかったので驚き.研究室の皆さんには,次世代メモリで何ができそうか,そのためには何を克服しなければならないか,などを考えて欲しいですね.

EDN Japanが休刊になりましたね.景気の問題なのか,業界の問題なのか,どっちなんでしょう?

2011年

6月

04日

General Purpose VLIW is Dead

Andoさんの今日の話題で,次世代ItaniumがVLIW実行を放棄する話題が紹介されています.ついになのか,それともようやくなのか.メモリウォールはそうそう崩せないということでしょう.OOOだとしても,コンパイラが頭を使っているのですから,軽いスケジューラを作れるでしょうね.

ついでに,Bulldozerで思い出した昔話.BulldozerのFPU shareringは,たぶんConjoined-Core Chip Multiprocessingが元ネタなんだろうと思います.このアイディアはずっと昔の所属で検討されていました.最初に配属されたグループがマルチプロセッサの研究をしていて,コンピュータではなくLSIの研究所だったことから,チップマルチプロセッサを検討してました.二次キャッシュも搭載できないくらい集積度がまだまだだったことも理由でしょうが,FPUをシェアするというアイディアを提案し評価していました.論文には書かれていないと思いますが,オンチップネットワークも議論されていました.優秀な諸先輩の元で勉強できたことはとても幸運でした.蛇足ですが,当時のわたしは未熟でこのチップ・アーキテクチャには貢献できていません.

2011年

6月

03日

Windows Live Group

総合情報処理センターが学生さんに配っているメイルアドレスはマイクロソフトにアウトソーシングされていますよね.折角なのでWindows Live Groupをうちの研究室で使うことにしました.むっちゃ遅いです.いまのところの利用は,SkyDriveでファイル共有して週報を回覧するだけですが,むっちゃ遅いです.学内だろうが出先だろうが自宅だろうが,どこでも遅いので,シームレスではあります.

以下の問題は解決しました.いま一番困っているのは,わたしからの招待メイルが届かない人がいることです.送り先のメイルアドレスが書き換わっているようなエラーメイルが戻って来ます.わけわからないことに,他のグループからは同じ人に招待メイルが届きます.センターはマイクロソフトに相談しているみたいですが,問題はなかなか解消されません.

2011年

6月

02日

TSV

Tech-On!によると,2011年度版日本実装技術ロードマップに大きく記載されているそうです.コスト面の目処がついたということでしょうね.

2011年

6月

01日

2011 ACM International Collegiate Programming Contest

2011 ACM International Collegiate Programming Contestの結果が公表されています.日本のトップは東大の27位ですか.寂しいですね.

次回については,6月10日〆切で国内予選の申し込みを受け付けていますね.アジア大会は九大ですか.だれか挑戦しますか? こんな本も購入してますので,意欲のある人は相談してください.

大学これ新た
大学広報
奨学・特待生制度(学園通信46号)
奨学・特待生.pdf
PDFファイル 304.6 KB

イベントカレンダー

 

11月05日 ICCD

11月13日 ICCAD

01月22日 ASP-DAC

01月22日 WAPCO

02月24日 HPCA

03月14日 ISQED

03月19日 DATE

03月24日 ASPLOS

03月26日 SASIMI

04月16日 VLSI-DAT

04月27日 ICCCS

05月23日 GLSVLSI

05月27日 ISCAS

06月02日 ISCA

06月13日 ICS

06月24日 DAC

06月24日 NEWCAS

07月02日 FEDfRo

07月04日 ITC-CSCC

07月04日 TENSYMP

07月08日 ISVLSI

08月05日 MWSCAS

08月29日 DSD

09月30日 ISCIT

10月20日 APCCAS

10月28日 TENCON

12月04日 PRDC