2012年12月

2012年

12月

28日

仕事納め

今日は推薦入学者対象の入学前オリエンテーションでした.「入学後のカリキュラムや進路の選択や判断基準に役立つことを願い開催された」そうです.

皆さん良いお年をお迎え下さい.

2012年

12月

19日

プレ卒論でキャッシュ構成コンテストを開きました

うちの学科ではプレ卒論と称して,3年生の後期に研究室配属されます.卒研の練習をするのですが,今年はひと通りプロセッサ・アーキテクチャ基礎の勉強会をやった後に,キャッシュ構成のコンテストを開きました.

Ivy Bridgeに似せた4コアのプロセッサ上で,MediaBenchから選んだ4つのプログラムを走らせます.キャッシュ構成を変更してシミュレーションし,出来るだけ実行時間の短い構成を見つけた人が優勝です.制約は,L1~L3キャッシュの総容量が初期値を越えないことです(回路面積には目を瞑ります).結果は,

       4,122

     13,757

     14,359

     19,644

     25,488

     30,539

     36,487

     56,311

   140,098

2,796,777

となりました(サイクル数ではなく時間の次元を持ちますが,相対評価のための参考値だと思って下さい).実に700倍の差がありました.びっくり.どんぐりの背比べになるだろうと予想していたので,とてもおもしろい結果となりました.

残されている仕事は,各ベンチマークプログラムが正常終了して,シミュレーションが正しく行われていることを検証することですね.誰かやってくれないかな.

2012年

12月

17日

ICDの学生・若手研究会に参加しました

東工大で開催された,電子情報通信学会のICD研究会に参加しました.今回のテーマは「学生・若手研究会」です.ポスター発表をメインに,多くの学生さん(四年生も多かった!)が発表していました.しかも研究会の運営も学生さんがやっていました.ICD研究会の狙いは,もちろん若い人たちの研究を励ます意味もありますが,ちょうど就活が始まる時期でもあり,学生さんたちが企業の研究者と出会う場を提供することにあるようです.

学生さんたちが招待した著名な研究者の方々の招待講演発表も面白かったですが,学生さんたちのナマの声を直接聞くことの出来るポスター発表がとても良かったです.

ARCもポスター発表を模索した時期がありましたが,うまく機能しませんでした.出会いの場という視点があれば良かったのかも.

2012年

12月

14日

HOKKEに参加しました

情報処理学会のHPC研究会とARC研究会で共催しているHOKKEに参加しました.このところのHOKKEではアーキテクチャ分野の発表が丁重だったのですが,今回は「アーキテクチャの発表が増えたねぇ」とか「HPCの人がアーキテクチャよりの発表をしてるねぇ」とかの声が聞こえてきました.嬉しかったです.

2012年

12月

10日

エイダ ラブレス 生誕 197 周年

今日のGoogleは「エイダ ラブレス 生誕 197 周年」です.史上初のプログラマで,Adaに名前が残ってます.

東大の平木先生が「コンピュータ動物園(Computer Zoo)」を運営しているそうです.

IEDMで,東芝がSTT-MRAMによるSRAM代替に道を開いた旨の発表をするそうです.

大学これ新た
大学広報
奨学・特待生制度(学園通信46号)
奨学・特待生.pdf
PDFファイル 304.6 KB

イベントカレンダー

 

10月14日 MICRO

10月15日 ESWeek

11月05日 ICCD

01月22日 ASP-DAC

03月14日 ISQED

03月19日 DATE

03月26日 SASIMI

04月16日 VLSI-DAT

04月27日 ICCCS

05月27日 ISCAS