スーパーコンピューターを20万円で創る

スーパーコンピューターGRAPEの開発奮闘記です.GRAPEは多体問題を解くための専用計算機です.専用なので低コストで高性能なコンピュータを作ることが出来るわけです.現在(当時でも?),この本に書かれているような開発方法は採用されていませんが,課題へ取りくむ姿勢は普遍的で,非常に参考になると思います.技術的な話には深く突っ込んでいないので,非常に読み易いです.とても面白くて一晩で読んでしまいました.お勧めです.

以下は余談です.著者の伊藤先生とはJSTのさきがけでご一緒させていただきました.伊藤先生がGRAPEを作られたことを知ったのは,さきがけの終盤になってからで,本当に失礼な話だと思います.ごめんなさい.さらに失礼なことに,この本は二年も前に出版されていました.今まで気づかなくて,ごめんなさい.おまけにもうひとつ謝っておきます.この本を買っていません.公立図書館で借りて読みました.ごめんなさい.興味を持たれた方は是非お買い求めください :-)

大学これ新た
大学広報
奨学・特待生制度(学園通信46号)
奨学・特待生.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 304.6 KB

イベントカレンダー

 

01月16日 ASP-DAC

01月22日 PRDC

01月23日 HiPEAC

02月04日 HPCA

03月27日 DATE

04月03日 ARCS

04月08日 ASPLOS

06月13日 ICS

09月09日 PACT