コンパニオンコアで省エネ

NVIDIAのクアッド+1コア・プロセッサKal-Elは,二種類の特性の異なるプロセッサを搭載することで,ハイパフォーマンス動作時と待機時の両方で省エネを図っているそうです.半導体業界の「大きくなることは許せない」という体質がようやく変わったようでしょうか.この手のアイディアは色々と学会発表されていますが,なかなか製品には採用されなかったので,この変化が本当なら嬉しいです.省エネは何もかも変えてしまうのでしょうかね.

(動画を追加しました:11/19)

ARMも同様のアイディアのlittle.BIG処理を発表しました(追記 10/22)

忘れないうちにIDFのレポートへリンク.

 

大学これ新た
大学広報
奨学・特待生制度(学園通信46号)
奨学・特待生.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 304.6 KB

イベントカレンダー

 

01月16日 ASP-DAC

01月22日 PRDC

01月23日 HiPEAC

02月04日 HPCA

03月27日 DATE

04月03日 ARCS

04月08日 ASPLOS

06月13日 ICS

09月09日 PACT