「学ぶ」ということ

佐々木毅先生の「学ぶとはどういうことか」を読んだ.論文を読むときよりももっと頭を使ったかも.

全国の大学にハローワークの窓口が作られるそうだ(これについては否定的な評価が容易に見つかるけど知らなかったことにする).この意味についてここで考察されているんだけれど,「価値観が変化した」ので「入学したらあとは就職までは遊んでいられたし、それで就職もできた」のは過去の話で,「『大学で何を身につけるか』が重要」になるんだって(そんなの昔からその通りなんだけど知らなかったことにする).先の本で「学問のすゝめ」から引用されているように,「『学ぶ』ことのあるなし」で「境遇には『雲と泥との相違』がある」ということだね.

この本は薄いけど中身はとても厚い.もしあなたが軽薄な文章しか読んだことがないのなら,最後まで読み通すのはとても骨の折れる仕事になるだろうね.だからこそこの本を読むことを勧める.

大学これ新た
大学広報
奨学・特待生制度(学園通信46号)
奨学・特待生.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 304.6 KB

イベントカレンダー

 

09月09日 PACT

10月14日 MICRO

10月15日 ESWeek

11月05日 ICCD

01月22日 ASP-DAC

03月19日 DATE

03月XX日 ISQED