STT-RAMって動作マージンが狭いの?

IntelがSTT-RAMをキャッシュとして検討してるらしい.そのレポートには「温度による特性の変化や動作マージンの狭さ、隣接セルからの漏れ磁界の影響など、課題は多い」と書かれている.アーキ系の論文で問題にされているのは書き込み時の速度と消費電力であり,動作マージンが狭いというのは知らなかった(ただの勉強不足かも知れないが…).上のような課題については,どんな文献を調べればいいんだろ.

大学これ新た
大学広報
奨学・特待生制度(学園通信46号)
奨学・特待生.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 304.6 KB

イベントカレンダー

 

01月16日 ASP-DAC

01月22日 PRDC

01月23日 HiPEAC

02月04日 HPCA

03月27日 DATE

04月03日 ARCS

04月08日 ASPLOS

06月13日 ICS

09月09日 PACT