i5の性能は4004の3,500倍?

PC Watchによると,Broadwellなi5の性能は4004の3,500倍に過ぎないらしい.そんな馬鹿な.マイナビニュースだと少々違っていて,トランジスタ性能が3,500倍になっているらしい.動作周波数だけを比べても3,500倍では足りないので,PC Watchは誤解してるんだろう.スライドを見ると,タイトルには「トランジスターの進化」って書かれているけどチップ写真の方が目立つので,ミスリーディングしてそう.アスキーもプロセッサ性能だと誤解してる.ここには「トランジスター性能…」のスライドは掲載されていないうえに車に例えたスライドが載っているし,読者は混乱するのではないかな.会場にいた人はだれも「おかしいな?」って思わなかったのかしらん?

※ 最大動作周波数どおしを比べると足りない.Intelの資料にあるinitial clock speed(108KHz)で比べると桁から足りない.

トランジスター単体の話なのかどうか,正解を知りたいので,デバイスの偉い人,教えて下さい.もし適当にモデルを選んだうえで動作周波数が3,500倍になっているのだとすると,トランジスタ単体の性能向上はこれよりもずいぶん低いことになるね.そんなものなの?

大学これ新た
大学広報
奨学・特待生制度(学園通信46号)
奨学・特待生.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 304.6 KB

イベントカレンダー

 

01月16日 ASP-DAC

01月22日 PRDC

01月23日 HiPEAC

02月04日 HPCA

03月27日 DATE

04月03日 ARCS

04月08日 ASPLOS

06月13日 ICS

09月09日 PACT